RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
ためいきばかり

せっかくの休日に、ここは一つ、資格取得のための勉強でもするか、と机に向っても集中出来ない、で、またネットサーフィンに興じてしまうわけ(悪魔の機械だな、こりゃ。。)。
最近は、元シュガーべイヴ、あの大瀧詠一氏の初期ナイアガラ作品にギタリストとして参加している、村松邦男さんの関連サイトをよく覗いている。

http://www.net-sprout.com/(ネット・スプラウト)

村松邦男さん。彼の事を知らなくても、あのサザエさんのBGMの作曲で、世の中の誰もが彼の楽曲には触れているわけだ。ちなみに、同じシュガーべイヴのメンバーだった伊藤銀次氏は、「笑っていいとも」の「ウキウキウォッチング」の作曲をしている。一度、大阪の「春一番」というコンサートで、彼が「ウキウキウォッチング」を弾き語りして歌っている姿を見たことがある。

話がそれてしまったが、上の関連サイトの中のコンテンツ「あるバンドの物語」というのがなかなか面白い。

あるバンドとは、もちろん「シュガーべイヴ」のことなのだが、アマチュア時代から、プロになるまでの過程が綴られていて、アマチュアだったメンバーがどうしてプロのバンドになったのか、どうやって才能を開花させたのか、読み進めていくうちに何かがわかる気がして、このごろ夢中になって読んでいる。それが全部で100話以上のボリュームになっていて、かなり読み応えがある。しかもまだ、続いているのだから、恐れ入る。現在はバンド解散前夜の、第5章まで書かれている。これが書籍になったら、絶対に買いたくなるような、なかなか魅力溢れる文章でもある。

それぞれのメンバーの性格、とりわけ大瀧詠一氏のレコーディングでの様子、山下達郎氏の天才ゆえの行動など、随所に細かく散りばめられていて、演奏ツアーの記録などはロードムービーでも見ているかのようで、車の故障や、ライブのあとに入ったドライブインや、ラーメン屋の様子までかなり細かく書かれていて、まるで自分もバンドの一員になったかのように楽しい気分になる。まだエフェクターもパソコンもデジタル機材も無い頃の、昭和50年頃、今から35年前の話だ。

もちろん1日2日で読み終える代物ではないので、これから、ちびちびと読み進めていこうかと思っている。暗いことの多いこの頃だが、当面のささやかな楽しみが出来た。

dok-s


author:curryboogie, category:MUSIC, 08:39
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:39
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://bevelemboss.jugem.jp/trackback/9