RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
20121116_岸辺のアルバム
 明日から筋トレをはじめることになった。
フィットネスジムに通うことにした。

自分で腕立て腹筋でもいいが、それじゃあ続かないので
お金がかかるが仕方がない。

というわけでジム通いだ。
ジムまではジョギングで一つ通ってやろうかと思ってる。
筋肉ムキムキマッチョになってもしらんからな。
なまった体をがっつり鍛えたい。

そんなこんなで
有意義に過ごしてるんよ。



ここのブログは2010年1月から。
改めて、読み返してみる。

はじめの数ヶ月ほどは
当初一生懸命文章を書き連ねているけど
やはり表現手段の一環として
なにかを残したいという意思
というか意地が伝わってくる。

何も無かったはずなのに
今の仕事につながる何も持っていない
あるのはプライドと
若干の音楽技術だけだったのに
なんというか、いじらしい。

本当に
この頃に戻りたいとは思わない。

しかしがむしゃらに何かにしがみついてやろうという
意思は今以上にあったんだな。
たいしたもんだと
読み返して思った。


なんかしみじみしますな。。

資格取得も、禁煙初成功もこのあと。
色々苦難もありましたが「
人はなるべく、頼らなかった。
だから無駄に強くなってしまった。

なんだったんだこの原動力はと
読み返しても
よくわからんかった。

わかるのは日記にもあるとおり
この短い2年間で
本当に自分に必要ない人間関係が
すっと消えていき
それに
大事な家族を2人も亡くした。

きっと原動力は、このあたりがきっかけだったに
違いない。

しかしあまり音楽活動は出来なかったなあ。

その期間、やれないフラストレーションを
代弁してくれたcurryboogie。
もうそろそろこいつも必要なくなるかもしれませんね。

もう着メロの時代じゃないし。

そんなこんなで
curryboogieも
一度引退しましたが
次の曲で、無料のシーケンサーで作るのはラストに
しようと思っちょる。

これで表現をしていく、という意味での
curryboogieはもうとっくに終わってはいたけれども
改めて終止符になると思う

といってももう1年近くほとんど何も
作っていなかったけれども
改めて
宣言しておけば、次にすすめるという意味で。

cubaseを買ったら
数曲ほど作るかもしれないけど
あくまでcubase練習用で作って
おしまーいですな。


実質ラストの一曲は
ラストを代弁する曲を
作ります。


それまでもちっと
頑張れcurryboogie


それと同時に
このブログも閉めたいと思います。

なんだかんだでこの2年は濃密でした。
そして変わらなければ今頃
崖から落ちていたことも

時には落とされたこともありましたが
やはり自分の弱さも原因だったが
人がどうにかしてくれることは無かったなあ

けれども最近
久々にあった友人の話によると
自分に嫌な思いをさせた人間のなかには
かなりどん底に落ちた人もいると、噂で聞きました。

おそらくいづれはそうなるだろうと
思っていたけど
だけれども今更なんとも思わんわ。
かわいそうとも思いませんが
私は既に、次のステップに進んでいますんで
ご安心ください。

その程度ですわ。


自分は苦しめられても
curryboogieみたいなクッションがあったおかげで
どうにかなったのかもしれませんな。

curryboogieに改めて鍵をしめて
ぽっかり空いた場所で
また音楽活動でも再開しようか。
もう何度も言ってる気がするけど
curryboogieを始めた5年前だって
そうでしたので


ともかくまー
次のステップに行くために
そろそろこの
なんの変哲もないブログは、終了する
思い出のアルバムとして
残してはおきます。

という、お知らせでした。


今回の日記は
下記リンクの最後の回答
童貞男子に、ヤンキーっぽい
daichyon777さんが淡々と回答している
yahoo質問箱の影響を若干受けてます

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1176018271?fr=rcmd_chie_detail



author:curryboogie, category:LIFE, 22:49
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:49
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://bevelemboss.jugem.jp/trackback/82