RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
サイクリング・ブギ
 
サエキけんぞうのコアトークvol.70「追悼:加藤和彦を語ろう」
というイベントを見に
歌舞伎町のロフトプラスワンへ。

このイベントを知ったのも運命的で
たまたま、受験生時代に読んでいた
サエキけんぞう氏のエッセイ『歯科医のロック』
久々に引っ張り出して読んでいて
最近、サエキけんぞうはどうしているんだろう?と
検索をして、このイベントのことを、知ったという。

大好きなトノバンのイベントとあっては、行かないわけにはいかない。
全ての予定をすっぽかし、行く事に。




今回のメインイベントは、サエキけんぞう氏秘蔵のミカバンドの1974年4月の
ライブ音源の公開で、ゲストに小原礼氏や、夫人の尾崎亜美さん
それに、小川真一氏を迎えて、あれこれトークを交えながら
検証するというもの。
「ミカバンドの認識が変わる!」と
前もって言われていたのだが、自分だって20年来のファンなのだから
そんじょそこらの内容では、驚かない心構えでいた。


イベントにて
左から、小川真一さん、サエキけんぞう氏、小原礼さん、尾崎亜美さん


そのメインが始まる前に、小川真一氏所有の、加藤和彦関連の色々な音楽が
流れる。入場時には、アルバム『パパ・ヘミングウェイ』が流れていた。
いい音響で聴くと、こんなにも素晴らしい音楽だったのか!と、再認識する。

1979年制作の、早すぎたワールドミュージックに、まずは舌鼓を打つ。
その他フォークル〜晩年までの、普段聞くことのできない、提供曲なども
紹介していた。世に埋もれるだけあるなーというのもあったけれども
どの曲も、あの、素晴らしきほんわかした、オリエンタル調のメロディが
含まれていたりして。

流れた曲の中では、意外と、今までスルーしてきた、晩年のソロ曲が
良かったりしたのが収穫だった。「手と手 手と手」「愛はピカピカ」
ポンキッキの中で流れていた「メロディ」など。ロフトの音響で聞いた
これらの曲は本当にじーんときた。それだけに、生きていればもっと
いい曲が生まれたかもしれない、と思うと、ますます無念さが沸いてきた。

追悼のイベントということだったんだろうけれども、しかし
さすがに、40年も第一線で音楽活動されていた人だけあって、イベント内で
加藤氏のことを、語りつくされるようなことはなかった。

それと、加藤和彦の、音楽家ではない面を、もしかしたら
関係者から引き出せないか?という試みも、ひょいひょい出てきたりは
していた。トークの中では、やはり「鬱」のつっこんだ質問も出てきたし
実は、加藤氏は、ぺヤングのソースやきそばが好きだったとか
バンド内でド○ッグは廻っていたのか?などの話も出てきたりはした。

しかし、やはり、話を聞いても、本や雑誌で今まで知ってきた人に他ならない
といった感じだった。
それだけに、本当に、完璧な音楽家、あの加藤和彦だったんだなーと
改めて関心した。
キャラクターを維持するのは、大変だっただろうし、なにより
淋しくもあったんだろうなーとも思う。

で、メインのミカバンドの隠し録り音源のコーナーは
残念ながら、お世辞にも良い、という内容ではなかった。

音源を聴いた、小原氏の「今は通用しませんよ」といった感想も
なんとなく解る気がした。
このライブの、だいぶ後に発表された曲を、このときにも
演奏していたんだってことや、ミカのボーカルが艶かしくて良かった
といった発見があったくらいで。それぞれのメンバーの自由を許して
しまうと、加藤和彦がリーダーとはいえ、こうもまとまりに欠けるもの
なのか、とも思ってしまった。散漫な内容でもあったのだ。

それよりかは、むしろ、小川氏がおまけで流した、「サイクリング・ブギ」の
ライブソロバージョンのほうが、ぜんぜん良かった!
これは、トノバン氏が、ミカバンド結成の頃に、ライブで、1人で
アコギだけで歌ったものなのだが
とにかくも、ギターのカッティングが上手い!。ぺらっとした
歌声は、いつも通りだが、バンドの演奏よりも
全然かっこよかったりもして。
一瞬だったが、本当に、聞きほれてしまった。

もうこれから先、この幻のライブ音源は、聞ける機会は
ないのかもしれないが、この72年の、バンド結成したばかりのころの
ソロ演奏は、自分にとって、最大の収穫だった。
やっぱかっこいいミュージシャンだったんだなー。
この、幻の「サイクリング・ブギ」を聴きながら
晩年の言葉で「音楽だけで表現したい」と言っていたのを
思い出したりもした。

この、38年前の、時空を越えた
サイクリング・ブギが終わった後の、会場の大絶賛は
天国の加藤氏にも、届いているに違いない。

本当に、良い音楽を、ありがとうございました!


おまけ

サエキけんぞう氏秘蔵音源(会場でもらったリストより)
サディスティックミカバンドLIVE
1974年4月@中野サンプラザ

1.アナウンス
2.開演BGM
3.今井裕ピアノソロ1
4.今井裕ピアノ&バンド(黒船風)
(↑と、もらったリストには書いてあったが、個人的に聴いた限りで
この曲は、HOT MENU収録の「ミラージュ」じゃないだろうか?と思った)

5.今井裕ソロ3(機材事故中つなぎ)
6.塀までひとっとび
7.影絵小屋
8.怪傑シルヴァーチャイルド〜お色直しINST
9.OTTOinst1
10.ピクニック・ブギ
11.銀座カンカン娘
12.ロックンロールバンド
13.OTTOinst2
14.タイムマシンにお願い
15.ダンスはスンダ
16.アンコール:魔法にかかった朝〜ケンとメリー
(withBUZZ)
17.アンコール:へーイごきげんはいかが(withBUZZ)








author:curryboogie, category:MUSIC, 00:57
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:57
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://bevelemboss.jugem.jp/trackback/38